落ち込む女性

不安障害

現代人を襲う社交不安障害

ある女性は正規の社員に採用されてから、周りの目が気になってしまいました。

以前は非正規の社員で責任もあまりなかったのですが、正社員になると会議でも意見を求められることが増え、朝のスピーチなども求められるようになりました。

そんな時に動悸や手の震えが止まらなくなってしまったのです。

今働き盛りの人たちの間で増えてきている疾患の一つが「社交不安障害」です。

先ほどの女性も同じ病気だったのです。

その女性は、普段のパソコンに入力するような業務さえ難しくなり、専門医の診察をうけることにしました。

医師は女性の症状を聞いた後、社交不安障害と診断しました。

社交不安障害は、人前に出たり他人の視線に恐怖を感じる心の病気で、20代から30代の患者が増えているそうです。

この病気は不安感をコントロールする脳内物質の一つ、セロトニンが不足して発症すると考えられています。

不安やそれに伴う様々な症状は、古代からあったに違いありませんが、最近不安障害といわれる状況まで悪化する人が増加している背景には、社会の変化が大きく関係しています。

社交不安障害を改善するには

特に先進国では子どもの時から競争社会にさらされ、不況によって社内での生き残り競争も激しさを増しています。

そうした中で不安やストレスに耐え切れない人が増えているのも無理はないことです。

患者の中には、グループを作ることによって情報を共有したり、共に励まし合う人も少なくありません。

ある人は「自分と同じような症状を持っている人がいて、共感しあうことによって前向きになれた」と感想を語っています。

なかなか周りから理解をされにくい病気ということもあり、患者同士の支え合いは回復にとって大切なようです。

また、新しい治療法も研究されています。不安にさらされている自分の様子を録画してもらい、周りの人はそれほど気にしていないということを理解してもらい、自信を持たせるのです。

こうした治療も改善に役立つようです。

患者が増え続ける不安障害ですが、新しい取り組みや治療法も増え続けています。

過度に恐れることなく、助け合うことが治癒への近道だといえます。

関連記事

  1. 不安障害

    強迫性障害について

    あなたは今不安ですか?こんな質問をされたらどう答えますか?…

  2. 肩の力を抜いて不安障害を克服

    不安障害

    肩の力を抜いて不安障害を克服

    私たちの持つ感情は、大抵の場合とても役に立ち人生を楽しいものにしてくれ…

  3. 不安障害と生活の深い関係

    不安障害

    不安障害と生活の深い関係

    不安障害とは、日々の様々なことに対して過剰に不安を感じてしまう心の病気…

  4. パニック障害

    パニック障害

    芸能人も多数悩んでいる、不安障害の一種、パニック障害(Panic disorder)とは

    この時代、誰しも不安を抱えて生きています。不安障害という言葉を…

  5. 西洋医学と東洋医学の不安障害への対処法の違い

    不安障害

    西洋医学と東洋医学の不安障害への対処法の違い

    不安障害(不安神経症)とは、漠然とした不安や恐怖感がつのり、日常の様々…

  6. 不安障害を克服

    パニック障害

    パニック障害は治るのか?

    有名な芸能人で、パニック障害を抱えている人は何人もいます。人口…

最近の記事

  1. 肩の力を抜いて不安障害を克服
  2. パニック障害
  3. 不安障害の診察
  4. 不安障害の主な症状
  5. 西洋医学と東洋医学の不安障害への対処法の違い
  1. 自身と対話しながらジョギング

    運動でリフレッシュ

    自身と対話しながらジョギング
  2. 落ち込む女性

    不安障害

    現代人を襲う社交不安障害
  3. 子どもでもかかり得る不安障害

    不安障害について

    子どもでもかかり得る不安障害
  4. 不安障害

    強迫性障害について
  5. パニック障害

    パニック障害

    芸能人も多数悩んでいる、不安障害の一種、パニック障害(Panic disorde…
PAGE TOP