パニック障害

もしパニック障害にかかってしまったら

私たちは誰もが不安を抱えています。でも特にこれと言った原因もないのに、不安にかられてしたくもないことを何度もしてしまったり、パニック状態に陥ったりする人が増えています。それは不安障害と呼ばれる病気です。

不安障害は一種の病気で、感じ方や思考が自分ではきちんとコントロールできなくなっている状態です。そのため医師に援助を求めることが回復のために不可欠です。しかしながら、私たちも普段の生活の中で不安障害の原因に気づき、症状を軽減することはできないのでしょうか?

実は色んな方法で不安障害を予防したり、症状を軽減できることが分かってきています。代表的な方法が、毎週定期的に運動を行うことです。スポーツはストレス解消に適しており、不眠症や疲労の解消にも役立ちます。他にも規則正しい生活を送ることも大事です。不安障害を抱える人たちには、不規則な生活を送っている人が少なくありません。会社の仕事に追われて終電を逃してしまったり、週末は午後までずっと眠ってしまうといった調子で心と体の負担が消えない状態では症状が悪化する一方です。

他にも不安障害の原因として自律神経との関係が挙げられます。自律神経の乱れが冷や汗や呼吸の乱れの原因になり、その結果何らかの発作症状が現れることもあるのです。ですから自律神経を整える方法を知っていれば不安を軽減できます。いくつかその方法を挙げておきます。光をうまくコントロールすると、体内時計をリセットして自律神経を整えることができます。朝は日の光を浴びて、夜は暗めの照明で刺激をさけるようにします。パソコンやスマホなども強い光を目に浴びせることになりますので、夜はできるだけ避けるようにしましょう。入浴もシャワーではなく、できるだけ湯船で半身浴するようにします。理想は就寝の1時間前くらいまでに済ませておきます。

要は自分が最もリラックスできる方法を見つけることです。何かをイメージしてリラックス出来る人もいますし、何かを触ったり見ることによって同じ効果を得ることもできるかも知れません。自分だけの不安解消法を見つけてみましょう。

関連記事

  1. パニック障害

    パニック障害

    芸能人も多数悩んでいる、不安障害の一種、パニック障害(Panic disorder)とは

    この時代、誰しも不安を抱えて生きています。不安障害という言葉を…

  2. 不安障害を克服

    パニック障害

    パニック障害は治るのか?

    有名な芸能人で、パニック障害を抱えている人は何人もいます。人口…

  3. 不安障害の主な症状

    パニック障害

    不安障害の主な症状

    この社会で生きていく上で、避けられないものの一つは不安です。誰…

最近の記事

  1. 肩の力を抜いて不安障害を克服
  2. パニック障害
  3. 不安障害の診察
  4. 不安障害の主な症状
  5. 西洋医学と東洋医学の不安障害への対処法の違い
  1. 不安障害の診察

    不安障害

    不安障害の主な治療法
  2. パニック障害

    パニック障害

    芸能人も多数悩んでいる、不安障害の一種、パニック障害(Panic disorde…
  3. 肩の力を抜いて不安障害を克服

    不安障害

    肩の力を抜いて不安障害を克服
  4. 不安障害と生活の深い関係

    不安障害

    不安障害と生活の深い関係
  5. 西洋医学と東洋医学の不安障害への対処法の違い

    不安障害

    西洋医学と東洋医学の不安障害への対処法の違い
PAGE TOP