心的外傷後ストレス障害について

症状と原因

心的外傷後ストレス障害について

皆さんは犬に吠えられてびっくりしたり、緊張のあまり凍りついたというような体験はないでしょうか?状況は違えど不安やパニックになったことは少なからずありますよね。でも、そういった不安感がずっと消えてなくならないとしたら?実は今世界中でそういった不安障害という病気を患っている人が増えているのです。

不安障害とは過剰な心配や恐怖の特徴を有する異なる精神障害の総称で、幾つも違った症状があります。例えば、芸能人がパニック障害を患っているといったニュース記事を目にしますが、パニック障害も不安障害の一つです。他にも何らかの恐怖症やPTSDなども含まれ、それぞれが異なった治療法を必要とします。

PTSDとは「心的外傷後ストレス障害」の略称で、戦争や災害、誘拐や児童虐待、さらにはいじめなどの極端な状況が原因となります。簡単に言って以下の3つに当てはまればPTSDの疑いがあります。1)精神的不安定や不眠、2)トラウマの原因となった事物を避けるようになる、3)遭遇した危険の一部や全体がフラッシュバックする、などです。

私たちの体には元々保護機能が備わっており、精神に強い衝撃を受けると、そのショックを和らげるため脳の機能の一部を麻痺させることによって、現状に適応しようとします。そのため、ショックを受けた出来事を忘れたり、感情や物事への興味や関心が麻痺してしまったりすることがあるのです。PTSDを抱える人はしばしばアルコールや薬物に逃避することによって痛みを和らげようとするため、治療にはその依存性を止めることも必要になります。

ではPTSDに治療法はあるのでしょうか。主に心理療法と薬物療法が用いられますが、心理療法のほうが助けになることが多いようです。薬物療法では、主に抗うつ剤が用いられます。心理療法では患者がストレスと向き合ってそれを受け入れられるように助け、不安をふさわしい程度にまでコントロールできるように助けます。慢性化したPTSDはなかなか治らないこともありますが、医師との良い連携があれば必ず快方に向かうでしょう。

関連記事

  1. 不安障害と性格には関係があった

    症状と原因

    不安障害と性格には関係があった

    誰しも不安や緊張を感じるものです。例えば大事なプレゼンテーションや、試…

  2. 不安障害と生活の深い関係

    不安障害

    不安障害と生活の深い関係

    不安障害とは、日々の様々なことに対して過剰に不安を感じてしまう心の病気…

  3. 不安障害を持つ人を支えるには

    症状と原因

    不安障害を持つ人を支えるには

    人類は自らの文明を高度に発達させてきましたが、それと引き換えに様々な矛…

  4. 不安障害の主な症状

    パニック障害

    不安障害の主な症状

    この社会で生きていく上で、避けられないものの一つは不安です。誰…

最近の記事

  1. 肩の力を抜いて不安障害を克服
  2. パニック障害
  3. 不安障害の診察
  4. 不安障害の主な症状
  5. 西洋医学と東洋医学の不安障害への対処法の違い
  1. 森田療法で不安障害に打ち勝つ

    治療法

    森田療法で不安障害に打ち勝つ
  2. パニック障害

    パニック障害

    芸能人も多数悩んでいる、不安障害の一種、パニック障害(Panic disorde…
  3. 整骨院で受けるマッサージ

    心と身体を休める

    整骨院で受けるマッサージ
  4. 心と身体を休める

    真の意味の健康法は、生活様式の習慣に根付いたものである
  5. 自身と対話しながらジョギング

    運動でリフレッシュ

    自身と対話しながらジョギング
PAGE TOP