西洋医学と東洋医学の不安障害への対処法の違い

不安障害

西洋医学と東洋医学の不安障害への対処法の違い

不安障害(不安神経症)とは、漠然とした不安や恐怖感がつのり、日常の様々な活動に支障が出てしまう心の病気です。

私たちは誰しも不安に感じることがあります。

ふさわしい程度の不安であれば、問題解決や危険回避に役立つものですが、この病気のやっかいなところは症状が大変ひどく、人によっては死を覚悟するほどのものだそうです。

そうした恐怖や不安が頻繁かつ不定期にくるので患者は憔悴し、人間関係にも大きな支障が出ることが多いのです。

西洋医学では、こうした不安障害をどう治療するのでしょうか。

主に薬物療法と心理療法の2つを用いて治療します。

薬物治療では抗うつ剤や抗不安薬が中心となりますが、副作用や依存性などがあるため医師の指示に従うことが必要です。

また、医師によっては過剰とも思える量を勧めることがありますから、良い意思疎通とセカンドオピニオンも必要です。

心理療法では、不安につながる間違った思考パターンを修正していく認知行動療法がよく用いられます。

また暴露療法といって、不安となる原因にあえて立ち向かうことによって自信をつけさせる治療法もあります。

これも医師の指導のもとできちんと治療することが大切です。

では東洋医学、特に漢方医学ではこの病気をどう捉えているのでしょうか。

「気」という概念が不安障害と結び付けられています。

この気は全身に満ちているものですが、何らかの原因で気の流れが阻害され、エネルギーが行き渡らなくなると考えるのです。

それで漢方薬を用いて気の流れを良くしようとします。

有名な漢方薬としては、「半夏厚朴湯」「柴胡加竜骨牡蛎湯」などが挙げられます。

漢方薬は抗うつ剤などと比べ、副作用が少ないか全くないという利点があります。

そのため比較的長期間に渡る服用も可能です。

しかし注意すべき点として、即効性があるというより、長い時間をかけて体質を変えていくことに重点が置かれているのです。

そのため、即効性のある西洋薬を初期の段階に併用することが多いでしょう。

また、漢方薬は個人の体質によっても処方が大きく異なります。

そのため、信頼の置ける漢方医に相談することも大事です。

関連記事

  1. 不安障害の診察

    不安障害

    不安障害の主な治療法

    今の社会、不安障害を抱える人が増えています。この記事を読んでい…

  2. 肩の力を抜いて不安障害を克服

    不安障害

    肩の力を抜いて不安障害を克服

    私たちの持つ感情は、大抵の場合とても役に立ち人生を楽しいものにしてくれ…

  3. 森田療法で不安障害に打ち勝つ

    治療法

    森田療法で不安障害に打ち勝つ

    保険会社に勤めており、事故の処理などで非常に優秀な成績を上げている社員…

  4. 落ち込む女性

    不安障害

    現代人を襲う社交不安障害

    ある女性は正規の社員に採用されてから、周りの目が気になってしまいました…

  5. 不安障害の主な症状

    パニック障害

    不安障害の主な症状

    この社会で生きていく上で、避けられないものの一つは不安です。誰…

  6. 不安障害と生活の深い関係

    不安障害

    不安障害と生活の深い関係

    不安障害とは、日々の様々なことに対して過剰に不安を感じてしまう心の病気…

最近の記事

  1. 肩の力を抜いて不安障害を克服
  2. パニック障害
  3. 不安障害の診察
  4. 不安障害の主な症状
  5. 西洋医学と東洋医学の不安障害への対処法の違い
  1. パニック障害

    パニック障害

    芸能人も多数悩んでいる、不安障害の一種、パニック障害(Panic disorde…
  2. 森田療法で不安障害に打ち勝つ

    治療法

    森田療法で不安障害に打ち勝つ
  3. 不安障害と性格には関係があった

    症状と原因

    不安障害と性格には関係があった
  4. 不安障害

    強迫性障害について
  5. 不安障害と生活の深い関係

    不安障害

    不安障害と生活の深い関係
PAGE TOP