過去の記事一覧

  1. 不安障害と性格には関係があった

    症状と原因

    不安障害と性格には関係があった

    誰しも不安や緊張を感じるものです。例えば大事なプレゼンテーションや、試験の前に感じる緊張や眠れないなどの症状は、誰でも経験があるでしょう。そうした不安や緊張は、…

  2. 心的外傷後ストレス障害について

    症状と原因

    心的外傷後ストレス障害について

    皆さんは犬に吠えられてびっくりしたり、緊張のあまり凍りついたというような体験はないでしょうか?状況は違えど不安やパニックになったことは少なからずありますよね。で…

  3. もしパニック障害にかかってしまったら

    パニック障害

    もしパニック障害にかかってしまったら

    私たちは誰もが不安を抱えています。でも特にこれと言った原因もないのに、不安にかられてしたくもないことを何度もしてしまったり、パニック状態に陥ったりする人が増えて…

  4. 森田療法で不安障害に打ち勝つ

    治療法

    森田療法で不安障害に打ち勝つ

    保険会社に勤めており、事故の処理などで非常に優秀な成績を上げている社員で、色んな情報に通じており、何事も非常に素晴らしいクオリティの結果を出すことのできる人がい…

  5. 不安障害を持つ人を支えるには

    症状と原因

    不安障害を持つ人を支えるには

    人類は自らの文明を高度に発達させてきましたが、それと引き換えに様々な矛盾や病が出現したのも事実です。社会が複雑になるにつれ、私たちの心も同じように複雑で…

  6. 落ち込む女性

    不安障害

    現代人を襲う社交不安障害

    ある女性は正規の社員に採用されてから、周りの目が気になってしまいました。以前は非正規の社員で責任もあまりなかったのですが、正社員になると会議でも意見を求…

  7. 不安障害

    強迫性障害について

    あなたは今不安ですか?こんな質問をされたらどう答えますか?誰しも漠然とした不安は抱えているものですが、楽しいことがあったり、テレビで映画を見てい…

  8. 朝日を浴びて副交感神経を活性化させる

    心と身体を休める

    朝日を浴びて副交感神経を活性化させる

    私は普段から健康に気を使っています。先ず朝起きたら朝日を浴びてから水を一杯飲みます。副交感神経を活発にさせるためです。私は人より疲れやす…

最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。
  1. 心と身体を休める

    夏場の健康管理の重要性
  2. 西洋医学と東洋医学の不安障害への対処法の違い

    不安障害

    西洋医学と東洋医学の不安障害への対処法の違い
  3. 子どもでもかかり得る不安障害

    不安障害について

    子どもでもかかり得る不安障害
  4. 落ち込む女性

    不安障害

    現代人を襲う社交不安障害
  5. 不安障害

    強迫性障害について
PAGE TOP